フライパンの素材や加工、家族構成、作りたい料理や調理の方法の他にも、自宅のコンロの種類、キャンプで使用したいなど、それぞれの用途を考えて選びましょう。

素材で選ぶ

素材で選ぶ

フライパンヴィレッジで販売しているフライパンは、全て「鉄」製のフライパンです。

メリット:保温性が高くどんな料理にも対応できるオールマイティな材質です。使い込むほどに油がなじみ、焦げつきにくくなるのが特徴です。耐久性に優れ、他の材質のフライパンに比べ長く愛用できます。

デメリット:クリアー塗装のフライパンの場合は初めて使用前に「油ならし」、フライパンに油が馴染むまで「油返し」等のお手入れが必要になります。怠るとコゲつきやサビの原因になります。一般的に重量は他の素材のフライパンに比べやや重たくなりますが、女性でも扱いやすい軽量タイプもラインナップしています。

純鉄

メリット:鉄フライパンの良さはそのままに、高純度の鉄で製造された熱効率の高いタイプです。究極の鉄フライパンと言えます。

デメリット:通常の鉄フライパンに比べ高価になります。

加工で選ぶ

加工で選ぶ

クリアー焼付塗装

クリアー焼付塗装

鉄はサビやすい材質のため、お客様の手元に届くまでのサビ止めを施してあります。初めてのご使用前には「油ならし」、油が馴染むまでは「油返し」が必要になります。

ハードテンパー加工

ハードテンパー加工

職人こだわりの「コゲつきにくく」「サビにくい」初めから油が馴染んだ状態になる加工を施してあります。お客様の手元に届いたらサッと洗って頂き、すぐにご使用できます。

サイズで選ぶ

サイズで選ぶ

20cm以下

朝食などの1人分の軽食料理や、アウトドア用に最適なサイズです。大きめフライパンのサブにもオススメ。

24cm

1人〜2人までのちょっとした一品料理に最適なサイズです。大きすぎず小さすぎない扱いやすいサイズ感

26cm

2人〜3人暮らしに最適なサイズです。20cmも併用すると、もう一品必要な場合に役立ちます。

28cm以上

4人以上のメイン料理を作るのであれば28cmが最適。2品目・3品目のお料理には24cmや26cmを使用するなど、お料理やシーンに合わせたサイズ選びを。

深さで選ぶ

深さで選ぶ

浅型

浅型

表面積が広く一度にたくさんの調理が必要なら浅型です。炒め物などのフライパンを振る調理に向いています。

深型

深型

スープやカレーなどの汁気の多い料理にも対応できます。揚げ物もできるので、1つ持っておくとさまざまなことに活用できます。

その他の選び方

IHコンロ対応

IHコンロ対応

一部を除き、ほとんどのフライパンはIHコンロに対応しております。商品の詳細情報をお確かめの上ご購入ください。

アウトドアで使う

アウトドアで使う

キャンプなどのアウトドアで使用するフライパンは、「耐久性」に優れていて「軽量」であることが求められます。調節の難しい焚き火での調理には特に鉄フライパンがオススメです。